2012年 10月 の記事

結局Windows 8(アップグレード版)は仮想環境での利用をサポートするようです(※最終版)

昨日はWindows 8の発売日。
早速MacBookのBootcamp領域のWindows 7をアップグレードしました。
購入したのはWindows 8 Professional(アップグレード版)¥3,300。

いろいろあって(後述)ライセンス認証窓口に確認したところ、

Windows 8(アップグレード版)は
 仮想環境での利用をサポートしないため認証できない。」とのこと。

経緯とサポートの見解の内容、それについての感想等をまとめてエントリにしてみます。

(10/30(Tue) 19:05追記)

エントリが長くなったので、結論だけ最初に書きます。
時間のない方はここだけ見て頂ければと思います。

  • アップグレード対象のWindowsを仮想環境で使用していた場合、
    Windows 8 Pro(アップグレード版)によるアップグレード後もサポートされる。
  • 下記の条件を満たす場合、Boot Camp上のWindows 8 Proを
    VMware/Parallelsから参照して使用するのに、追加のOSライセンスは不要となる。

    • Windows 8 Pro(アップグレード版)はこのパソコンのみで使用する。
    • インストール先はBoot Campのみである。
    • VMwareから「参照」して使用している。

なお、本エントリの内容の正確さについては、
(できるだけ正確な記述を心がけておりますが)保証いたしかねます。
本エントリを参考にした場合に発生した如何なる損害も、当方は一切責任を持ちません。
また、ライセンス認証の技術的な実現可否と、ライセンスが許諾されるかは別です。
当該ソフトウェアをインストールする際は、
ライセンス条項に記載された許諾条件をご自分で確認し、ご判断ください。

(11/18(Sun) 20:35追記)

Windows 8 リリースに伴う仮想環境での利用時のライセンスについて
Microsoft社からの公式見解が発表されました。

パーティション分割と仮想化を併用した際のライセンスについて – Windows Enterprise
続きを読む

cocos2dアプリをiPhone5の解像度に対応させる

iPhone 5が登場して約一ヶ月、
そろそろMorveもiPhone 5の縦長ディスプレイに対応させたい!

ということで、
cocos2dアプリの観点でiPhone5の解像度に対応させる方法をまとめます。
#とはいっても、cocos2d独自の内容はほとんどないです。

ちなみに、cocos2dに限らず、
iOSアプリをiPhone5に対応させる方法については、下記のエントリが参考になります。

続きを読む