Kamcordでcocos2dアプリにプレイ動画共有機能を実装する – 前編

今回は、今話題のゲームプレイ動画録画&共有フレームワーク「Kamcord」を使って
cocos2dアプリにプレイ動画の録画・共有機能を実装する方法について説明します。

後編はこちら

なお、本記事の内容の動作確認は、下記の2環境にて実施しました。

  • cocos2d 1.0.1+Kamcord 0.9.4
  • cocos2d 2.0+Kamcord 0.9.5


Kamcord SDKの入手

  1. Kamcord公式サイトにアクセスする
  2. “Get a cocos2d developer key:”欄にメールアドレスを入力する
  3. “Get a Key”ボタンをクリックする
  4. “Download for Cocos2d v1.0.1″または”Download for Cocos2d v2.0-rc2″のうち、
    自分の環境に合った方をクリックしてダウンロードする
  5. Kamcord SDKのダウンロードが始まる
  6. 別途届くメールのKeyとSecretを確認する

サンプルの動作確認

ダウンロードしたKamcord SDKに含まれているサンプルで
Kamcordの実際の動作を確認してみましょう。
※下記はcocos2d 1.0.1+Kamcord 0.9.4における説明となります。

  1. Kamcord SDKの圧縮ファイルを解凍する
  2. cocos2d-ios.xcodeprojを開く
    /Examples/cocos2d-iphone-1.0.1/cocos2d-ios.xcodeproj
  3. 左上プルダウンから”RenderTextureTest”を選択し実行する
    ※Kamcordはシミュレータでは動作しないので実機で実行すること
  4.  RenderTextureTestが起動する
  5. 右上の”Start Recording”をタップする
  6. スクリーンにタッチして適当に線を引く
  7. 右上の”Stop Recording”をタップする
  8. YouTubeボタンをタップする
  9. “Share on YouTube”ボタンをタップする
    ※GoogleアカウントにてKamcordからのアクセスを許可する
  10. バックグラウンドでYouTubeに動画がアップロードされる

アップロードした動画はこちら。

後編では自作アプリにKamcordを取り込む部分について説明します。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。